トップページ > マカはどんな環境で育っているの?

マカはどんな環境で育っているの?

ペルーに自生しているのがマカと言われる植物なのですが、ペルーの中でも4000mを超える高い標高の場所にしか存在していません。根の部分が株のようになっているのが特徴で、その品種によって黄色や紫などといった色々な色合いのものがあります。

 

このマカの中で人間が食べているのは根だけです。アンデス山脈というのは、富士山よりも標高が高い山々になっているため、酸素も非常に薄くなっています。そのため、生物が生きていくには、非常に過酷な環境と言えるでしょう。

 

更に赤道にとても近くなっているため、太陽の光もとても強くなっていますし、反対に夜間には急激に気温が下がってしまっています。ですので、動物はおろか、植物もほとんど存在していない場所なのです。

 

他の植物がほとんど存在していないため、土壌は十分に栄養素を含んでいます。その土壌に含まれている栄養素を吸収しているため、マカというのは非常に高い栄養価になっているのです。

 

マカは土壌に含まれている栄養素をとことん吸収するため、マカが育った場所は数年間の間は植物が育たないとさえ言われています。ですので、一回マカを収穫したら、数年の間は他の土地でマカを育てる必要があるということです。

 

このように貴重なマカですから、最近までマカが輸出されるということはありませんでした。しかし、最近はこのマカを国の事業として国外に売るという方向になっており、日本でもサプリメントとして使われるようになったのです。

 

マカというのは、昔は金よりも価値があるとペルーでも言われており、上級階級の人しか手に入れることができないものだったのですが、栄養価が高く、色々な効果を期待することがd家いるので、高級食材として使われていたのも納得です。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 マカサプリの女性への効果とおすすめランキング All Rights Reserved.